マンション

マンションリフォームについて

マンションに住もうと思ったとき「新築にしたい、けれども予算が気になる……」とお悩みになる方は多いのではないでしょうか。
新築マンションか中古マンションか。その選択肢の中に私たちは「中古マンションをリフォームする」という道をご提案したいと思います。
新築マンションは確かに見た目は綺麗で魅力的ですが、中古マンションにも利点はたくさんあります。
例えば、費用を抑えられる、駅周辺など交通に便利な立地に多い、実際に居住環境を確認できる等です。さらにリフォームを行えば新築と見間違うように室内を綺麗にできますし、自分好みに間取りを変えることもできるため、「中古マンションをリフォームする」という選択はかなり有力と言えます。
新築マンションに期待する事が、中古マンションのリフォームによって費用を抑えて実現できる事かもしれませんので、どうぞお気軽にご相談ください。

  • マンションリフォームについて画像01
  • マンションリフォームについて画像02
  • マンションリフォームについて画像03

マンションリフォームのポイント

  • リフォーム前には管理組合へ
    一般的にマンションでは、ベランダ・窓・玄関ドアなど、共用部分はリフォームすることはできません。また柱や梁といった構造体も変更する事は禁じられています。その他にもマンションによる管理規約があるかもしれませんので、まずは管理組合に確認をとりましょう。
  • 構造形式を調べましょう
    マンションの構造には「壁式構造」と「ラーメン構造」があります。壁式構造は、柱や梁が無いすっきりとした部屋になりますが、その分、地震に強い床や壁にしているため、リフォームに制限がかかります。低階層のマンションは壁式構造の場合があるので、事前に確認を行いましょう。
  • 排水管の位置を確認しましょう
    マンションの構造と、床下の排水管の位置により、水まわりの移動が可能か変わります。排水管は勾配をつけなければならないため、下の階の天井裏を通るような構造の場合は、位置変更ができません。二重床の工法で作られている場合は、勾配がつけやすく、移動が可能です。
  • 電圧の確認をしましょう
    キッチンをIHクッキングヒーターに変更する場合、電気の契約アンペア数を増やす必要がでてきますが、マンションの全体要領により、制限がかかる場合があるため、事前に管理契約の確認をしましょう。
  • 近隣の住人に理解を得ましょう
    リフォーム時の騒音は、上下左右だけではなく上下斜めにも伝わりやすく、広い範囲に配慮が必要です。近隣への挨拶の際には、上下左右だけではなく、必ず上下斜めも含めて挨拶に回り、リフォーム箇所や、期間・日中の作業時間についての説明をしましょう。騒音や、リフォーム会社の方の出入りがあることをあらかじめ了承いただき、問題の起きないよう気を付けましょう。

リフォーム時の騒音は、上下左右だけではなく上下斜めにも伝わりやすく、広い範囲に配慮が必要です。近隣への挨拶の際には、上下左右だけではなく、必ず上下斜めも含めて挨拶に回り、リフォーム箇所や、期間・日中の作業時間についての説明をしましょう。騒音や、リフォーム会社の方の出入りがあることをあらかじめ了承いただき、問題の起きないよう気を付けましょう。

pagetop