新着情報

火災に備えたリノベーションではここに注意


2つめの、リノベーションに際して専有(住戸)部分を火災に強くするために気をつけたいポイントですが、次のようになります。

火災に強い内装材


一般的なマンション用の素材は防炎や耐火性能があるので、あまり神経質になる必要はないかと思います。そうはいっても、自分好みの内装材が選べるのがリノベーションのメリット。漆喰や珪藻土の壁材や無垢材のフローリングなどの自然素材を使いたい場合も防炎・耐火性能があるものがたくさん作られています。
ただし、いずれの場合も、例えば、不燃の壁紙を使うのであれば、その下地材の石膏ボードも同様に不燃でなければあまり効果がありません。こうした材料選びについては、リノベーション業者とよく相談して決めてくださいね。

火災警報器


2004年より住宅用火災警報器の設置が義務づけられ、それ以降に建設されたマンションには火災警報器が設置されています。
購入したマンションに火災警報器が設置されている場合、一時的にでも取り外したり、移設したりするには、事前に管理組合への確認が必要です。物件によっては、移設や再取り付けについて業者を指定していることもあります。
火災警報器が設置されていないマンションに新しく取り付ける場合、住居内の設置場所は市町村の条例によって異なるので、こちらも確認しておきましょう。

間取りについて


マンションで火災があったとき、外部への避難経路となるのが、玄関から共用階段とバルコニー側の窓からバルコニーの避難ハッチ。つまり、玄関とバルコニー側の窓が住戸内からの非常口となります。間取りを変更するなら、緊急時の避難を意識して各部屋からこの非常口までの動線を確保したいものです。

また、間仕切り壁を移動したり、部屋を増やす場合、火災警報器の移設や増設が必要になることがあります。火災警報器の移設が制限されているマンションでは、間取りの変更も制限されることも。
いずれの場合も条例のチェックと管理組合への相談が必要です。

 

 



 
株式会社JoyLifeでは良い部分を生かし、不便な部分を改善する住宅リフォーム・リノベーションをご提案致します。

その他新築・改築など住まいのことなら何でもご相談ください!

 

株式会社JoyLife

TEL 078-915-8774 / FAX 078-915-8776

〒651-2108 兵庫県神戸市西区伊川谷町前開1424-7

 

 

2018.08.06

pagetop