新着情報

耐震補強工事が必要な建物とは?

日本は世界屈指の自然災害大国です。
いつ起きるか分からない自然災害から身を守るためにも住宅の耐震補強工事を検討する必要があり、耐震補強が必要な建物について理解を深めることが大切です。

»1981年以前の建物


1981年に耐震基準が大きく改正され、1981年以降の建物は震度6以上でも倒れない住宅作りが行われています。1981年以前の建物の耐震性は震度5程度までで、それ以上の地震では崩壊する危険性があり、「新耐震設計基準」に基づいた耐震補強を行う必要があります。

また、1981年以降の建物でも経年劣化により、建物が崩壊する危険性も高まりやすく、再度耐震性について見直すことが大切です。

»窓の面積が広く柱が少ない建物・傾いている建物


窓の面積が広く柱が少ない建物は、構造上崩壊する危険性が高いです。例えば、1階部分に美容室などの店舗が入り、二階部分を住居としている建物などはこの条件に該当している場合が多いです。こういった構造の建物で築年数が経過しているのでしたら、耐震補強工事も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

»シロアリ被害を受けている建物


壁や柱をたたくと空洞音がしたり、敷居や枠が柔らかくなったりなどの異変に気づいた際には、既に住宅にシロアリ被害が広がっている可能性があります。シロアリは、建物を支える土台・柱の継ぎ目・筋交いなどにまで侵食していきます。これらの部分が侵食されてしまえば建物を支える強度が不足してしまい、強度の弱い住まいになっていることも考えられるのです。

新築時に耐震補強を施した住宅でも、シロアリの食害によって耐震性が損なわれてしまいます。その場合、シロアリ駆除とともに早急な耐震補強工事が必要です。

 



 
株式会社JoyLifeでは良い部分を生かし、不便な部分を改善する住宅リフォーム・リノベーションをご提案致します。

その他新築・改築など住まいのことなら何でもご相談ください!

 

株式会社JoyLife

TEL 078-915-8774 / FAX 078-915-8776

〒651-2108 兵庫県神戸市西区伊川谷町前開1424-7

 

 

2020.11.21

pagetop